BLOG

Address Geocoder – 住所から緯度経度をセットしてくれるプラグイン

2013-04-12

住所を入れるだけで、緯度経度をセットアップしてくれる、素晴らしいプラグインが「Address Geocoder WordPress Plugin」です。

[browser-shot width=”300″ url=”http://martyspellerberg.com/address-geocode-wordpress-plugin/”]

プラグインを入れて、投稿画面で住所を入れれば、プレビューマップと緯度経度が自動で表示・セットされます。

値の呼び出し方

緯度経度の呼び出しは、

<?php echo get_geocode_latlng($post->ID); ?>

住所は、

<?php echo get_geocode_address($post->ID); ?>

とすればいいようです。

ただLatとLngについては、個別でなく、
(34.7546721,135.346721) のように、(Lat,Lng) の形で出てきます。
LatとLng、個別に吐き出してくださいよ・・・
ということで、

<?php
$table = array("(", ")", " ");
$string = get_geocode_latlng($post->ID);
$string = str_replace( $table, "", $string);
$elements = split( ",", $string );
?>

と、テンプレートの方で分けることにしました。
$element[0]がLat、$element[1]がLngの結果が無事取り出すことができましたとさ。