BLOG

scoot(スクート)のビジネスクラスに乗ってみる・その1

2016-11-29

さて、いつもはタイ航空でバンコクに入るのですが、今回はSCOOTというLCCで行ってみたいと思います。
LCCなので、受託手荷物がなければ片道1万円ちょっとで行くことができます。
タイ航空などのキャリアとの違いですが、
旧の国際空港である、ドンムアン空港に着く
という点です。
大阪で言うと、伊丹空港に着くようなものです。

ビジネスクラスで行くバンコクの旅

今回スクートを選んだ理由は、スクートビズというビジネスクラスに乗ってみるためです。
LCCのビジネスクラスだと、だいたいキャリアのエコノミーと同じ料金で乗ることができます。
reservation01

今回は大阪バンコクの往復、ビジネスクラスで55940円でした。
(ビジネスクラスと言っても、キャリアと同じようには行かないかと思いますが・・・)

スクートビズの特徴

以下、公式ホームページより抜粋です。

  • 全席、レッグルームは最小38インチ(96cm)、シート幅は22インチ(56cm)、リクライニングは8インチ(20cm)の完全可動式ヘッドレスト付きレザーシート
  • 受託手荷物が30kgまで
  • 機内持込手荷物は2つ(合計最大15kg)まで
  • 機内食付き
  • 優先的にチェックイン、また機内へのご案内
  • ウェルカムドリンクとアルコールドリンクをそれぞれ1つ
  • シート電源
  • スクートTVで映画・テレビ番組全てにアクセス

個人的にはシートの広さに期待しています。
最近は荷物もコンパクトにまとめているので、預ける荷物もそこまで大きくないですしね。
気になるのは、アルコールが1つだけサービスという点。
機内では完全にOFFなので、昼間から酒をあおりながらダラダラしていたいものです。

多種多様なオプション

機内食

Chicken? or Pork?
私は機内食のFISHが大嫌いです。
今まで、マシな魚料理を食べたためしがない。
ということで、スクートではオンラインで機内食を選ぶことができます。

meal

はい、鶏肉の蒸し煮ライス添え を選びました。
安定のChickenです。

機内インターネットサービス(wifi)

今回の楽しみの一つは、やはりこれですね。
片道6時間ほどの旅。
これまでは、TSUTAYAに行き、ビーバップハイスクールをレンタルし、○○ピングをして、
地上1万メートルで仲間トオルを見るのがタスクになっていました。
今回は別料金になりますが、機内wifiを申し込んでみました。

wifi

2016年11月現在、料金は、

  • 1時間:1450円
  • 3時間:2050円
  • 24時間:2650円

となっています。
3時間の次のクラスが24時間なところと、料金があまり変わらないあたり、悪意を感じますね。
はいはい、24時間買います。
ちなみに、wifiにログインしてからノンストップでの時間カウントになるので、
まめにログアウトして使う、といったダイヤル回線インターネット黎明期のような使い方は不可です。
後日、スピードやレスポンスなどをレポートしたいと思います。

座席指定

こちらは説明は不要ですね。
ネット上から座席が予約できます。
ただ、後から変更した場合、席だけの変更ができず、
変更を進めると、wifiの購入画面に入ってしまいます。
ここで「購入」を押したら決定かと思います。(ちょっとわかりにくい・・・)

seat

スクートビズまとめ(初期)

予約時点でのスクートビズのまとめを以下に記します。

良い点

  • 安い!
  • 機内食の選択肢が多い
  • 受託手荷物が30kg

悪い点

  • 空港がドンムアン(ラウンジとかなさそう)
  • 往路:17:55〜22:30、復路:9:35〜16:45 とほぼ2日ホテル代が無駄

予約時のまとめはこれくらいです。
時間にゆとりがある人は利用してみるのも良いでしょう。

mautic is open source marketing automation