BLOG

OSX 10.10 Yosemite でパーティションが自由に切れない

2014-11-20

ちょっと遊び用に、ヤフオクでMacbook Air 13を購入→Yosemiteアップデートしました。
i7で256GBのSSD盛りにしては、少し割安でした。

が、ディスクユーティリティで、パーティションを切ろうとしたら、これまで自由の国アメリカのごとく、切れまくっていたパーティションが切れへんやないの。。。
半分には切れるのですが、割り当てサイズをタイプできなかったり、右下のスケーラでサイジングできなかったり。
ということで、以下に解決方法のMemoを。

Corestorage(コアストレージ)の問題らしい

MacでSSDに盛ったからか、Yosemiteにしたからか、よく分かりませんが、
何かYosemiteからのCorestorage(コアストレージ)という、新しいセキュリティの影響で、パーティションが切れなくなっているようです。
これまでのようにするには、ターミナルからディスクの「論理グループの解除」をしなければならないらしい。

 

ターミナルから「論理グループの解除」解除する

普通にYosemiteを起動します。
で、Control + スペースでSpotlightを起動し、「ターミナル」とでも打ってください。
で、ターミナルを起動。

ターミナルの魔法コマンド

まずは、

diskutil list

と打ち、Disk情報を取得します。
だいたい、/dev/disk1 か /dev/disk2 にOSXが入っているかと思います。
Apple_CoreStorage~とか書いています。
どこに入っているか確認したら、

diskutil cs revert disk[指定ディスク番号]

と打ってください。
指定ディスク番号は先ほど確認した、OSXが入っているディスク(/dev/disk1 など)です。

後は、再起動してディスクユーティリティで確認してください。
下記サイトに詳しく書いてくれていますので、感謝しながら参照くださいm(__)m
http://www.macotakara.jp/blog/mac_os_x/entry-25055.html