BLOG

Google翻訳プラグイン比較

2016-04-15

サイトを多言語化する場合、Google翻訳機能を使って簡易的に作成するのも一つの方法です。
予算があるなら、サイト全体をきちんとした翻訳会社などに発注して、他言語サイトを構築する方法がベストです。
そうでない場合、ビジネスによっては、「ないよりはマシ!」的な感覚で、Google翻訳で実装するのも良いかと思います。
この情報先行の時代、何がどう伝わってどうなるか、発信してみないと分からないものです。
WordPressでは、プラグインを使用し、Google翻訳機能を実装することが可能です。
各プラグインの機能編」と「Google翻訳の正確性編」の2回に分けて検証してみたいと思います。
今回は「各プラグインの機能編」で、各プラグインの機能や表示方法を比較してみました。

比較プラグイン

Googleで、「WordPress google translate plugin」のキーワードで検索。
結果から、現在もアップデートされている以下の5つのプラグインを選択しました。

  • Google Translate Widget
  • GTranslate
  • Simple Google Translate Widget
  • wp-google-language-translator
  • Google Website Translator by Prisna.net
  • WP Translate

インストールと実装

どのプラグインも通常インストールし有効化で実装できます。
翻訳言語メニューは、ウィジェットから表示させることができます。

検証に際して

一般的な企業を想定し、ダミーサイトを用意しました。記事は以下の3ページ。
数カ所の企業から拝○いたしました。(一時的なので許してください)
テーマは、WordPressデフォルトの「twentysixteen」です。

製品情報ページ

gt_sample1カメラの製品情報ページをダミーとしました。 「テクノロジー」や「ラインナップ」など、カタカナが多く、また型番に英数字も多様されています。
このあたりをどう翻訳するかを見たいと思います。

プライバシーポリシー

gt_sample2「当社は、適法かつ公正な手段により取得した~」など、難しい日本語表現が多いです。
各ネイティブがどれだけ意味合いを理解するか楽しみです。

プレスリリース

gt_sample3人事のプレスリリースをサンプルにしました。 役職や人名などの固有名詞をどう翻訳するかを検証します。

GTranslate

特徴

  • 国旗表示あり。
  • 言語メニュー表示方法が4種と多い。
    「国旗だけ」というメニュー表示が可能。
  • 翻訳する言語を指定できるので、言語メニューが冗長しない。
  • 言語メニューはセレクトメニュー(プルダウン表示)
  • 有料版ではサブドメイン運用が可能(未検証)
  • 有料版では、ディレクトリ運用が可能(未検証)
  • 最上部にGoogle翻訳ツールバーが出ないので、スマートに実装できる。

気になる点

デフォルト言語を「日本語」にしても、言語メニューは「英語」で表示される。
言語メニューの言語が、選択した国の言語になってしまう。 (アラビア語を選んだら、日本語に戻せない・・・w)

 

Google Website Translator by Prisna.net

gt_GWTby_hover

特徴

gt_GWTby_admingt_GWTby_advanced

  • 国旗表示あり。
  • Google翻訳ツールバーを非表示にできる
  • 言語メニューの表示言語は、PC設定の言語になる。
  • 豊富なメニュー管理
    言語メニューのデザインを3パターンから選択可能。
  • 言語メニューをカスタマイズできるが、表示順序は決めれない。
    「英語・中国語・タイ語」を選ぶと、表示順序は「タイ語・英語・中国語」のように「あいうえお順」になる。
  • 言語メニューのデザインのカスタマイズが可能。
    ウィジェットのHTMLを変更できるので、柔軟なカスタマイズが可能。
  • ページやカテゴリによって、言語メニューを表示させないことが可能。
  • ショートコードが使えるので、テンプレートに好きな位置に配置できる。

気になる点

特になし

WP Translate

gt_WP Translate_hover

  • 国旗表示はなし。
  • メニューのデフォルト言語を設定できる。(未設定時はPCの言語に合わせる)
  • モバイルデバイス環境の場合は非表示、という項目があるが、言語メニューのセレクトボックスを非表示にしているだけで、ヴィジェットのボックスは残ってしまう。

Google Translate Widget

Google Translate Widget

特徴

  • 国旗表示なし。
  • 言語メニューは、全言語が対象として表示される。
  • 英語以外、ほぼ翻訳できないので使えない。
  • 翻訳ツールバーは表示される
  • 言語メニュー下に、「Widget by ~」と余計なクレジットが出る。

Simple Google Translate Widget

gt_Simple Google Translate Widget_sc

特徴

  • メニューは「Google Translate Widget」形式。
  • 翻訳ツールバーは非表示
  • 英語さえまともに翻訳できない
  • インターフェイスや動きが前述の「Google Translate Widget」に似ている。 (よって使えないw)

wp-google-language-translator

特徴

  • メニューはPCの言語に合わせて表示される
  • 国旗表示なし
  • 全コンテンツ翻訳対象、一応それぞれの言語に翻訳されます。
  • GTranslateの軽量版のような感じ

おすすめGoogle翻訳WordPressプラグイン まとめ

文句無しに、
Google Website Translator by Prisna.net
、一択でしょう!

国旗表示可能で、表示国旗も選択可能。さらに表示ブロックのHTMLを編集可能。
翻訳言語を選択可能、ブロックのHTMLを編集可能。
Google翻訳ツールバーの表示をOFFにできる。
簡易的に設置するには十分すぎる機能です。

次回はネイティブの友達に、Google翻訳がどれくらい理解できる翻訳になっているか。
を聞いてみた結果をお伝えしようと思います。