BLOG

BuffaloのNASが赤ランプ7回点滅した件

2014-11-19

さて、タイトル通りなのですが、ググると、
http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/14652
のように、ハードディスクが故障している。という、物騒な情報しかありません。

20年弱のデータが詰まっているNASですが、
まあ、物事には終わりがあるもので、「まあ気分転換に、0から始めるか」なども思いながら、
「何とか復旧できねえかな」と思う自分もいたり・・・。
ということで、飲みながら1回だけトライしてみることにしたら、復旧したので以下にメモを。
面倒なので、素晴らしい他の方のように、写真で説明したりはしません。

NASをバラす

http://openmemo.blog.fc2.com/blog-entry-377.html
を参照にすれば問題なくバラせます。
やっぱり写真付きで説明してくれる方は神ですね。

取り出したハードディスクをPCに繋ぐ

今回はLS-CH1.5だったので、SATAのハードディスクでした。
PCへの接続は、USBで接続するも良し、PCのマザボの直刺しでも良し。
私は昔の愛機に、5年ぶりに火を入れ、SATAにつなぎました。
XP懐かしい・・・

ハードディスクが生きてるか確認

肝心のHDDが生きていなければ意味がない訳で。
NASのハードディスクは、エクスプローラには表示されません。(形式が違う)
スタート→マイコンピュータの上で右クリック→管理で、「ディスクの管理」を開く。
ここで、1398MBやらGPL保護~やら、取り出したHDDっぽいものが認識されていれば『生き」。
なければ、物理的に「死亡」→「諦める」か「業者行き」です。

データを取り出す環境つくり

前項で書いたとおり、エクスプローラに表示されませんので、ファイル管理できる環境を作ります。
NASのHDDは、LINUX系のシステムで読み書きする必要があるので、そのシステムを作ります。
KNOPPIXが良いでしょう。
下記、神サイトを参考にして、CDで起動できるシステムを作ります。
http://www.pc-master.jp/sousa/knoppix.html

データ移動をする

KNOPPIXを起動し、外付けHDDなどにデータを移します。
私が作ったKNOPPIXは、最初はコマンドラインで12番のscreen~Full Screenみたいなものをクリックして、
初めてGUIが立ち上がりました。
後はエクスプローラライクなツールを使い、ドラッグ&ドロップでデータ移動しましょう。
1TBくらいで6時間くらいかかったと思います。

メインシステムでデータを確認する

コピーが完了したら、中身を確認しましょう。
KNOPPIXのCDを取り出し、普段のシステムを起動しましょう。

 

ざっとこんな流れです。
このような事件は急に起こりますので、やはり日頃のバックアップは大事です。
今回を機に、新たにRAID1のNASを購入しました。
データを新しいものに移すのに、まるまる2日かかりそうですw

この記事を見るということはNASが故障した方ということでしょう。
少しでもトラブルが解決し、復旧できるようお祈りしております。